検索フォーム
最近の記事
インテリアにも種類があります
インテリアにも種類があります

一人暮らしのインテリアの位置

一人暮らしのお部屋の比較的狭いお部屋にインテリアを置く場合、それぞれをどこに置くかで生活しやすいかどうかが変わってくるでしょう。どうしても置かなくてはいけず、かなりのスペースをとるのがベッドですよね。布団派ならばいいかもしれませんが、ベッドを使用するとなると、まずベッドをどこに置くかで他の家具家電の場所が決まってくると思います。お部屋を広く見せるにはお部屋の奥にベッドを置くという手法もありますよね。これだと部屋に入った時にすぐに部屋が狭い感じがないので、友達を呼ぶ場合にもよさそうです。

ただ、ベランダで洗濯物を干したい場合、ベッドがあるとベランダに出にくい、邪魔、ということがあるかもしれません。その場合、ベッドを横の壁につける、という配置もあると思います。しかし、横にベッドを置いてしまった場合、反対側の壁に家具を置くことがだいたい決まってしまいますね。テレビなども置くでしょう。結果的に、テレビを見るのはベッドに座るか、横になるか、ということが決まるんじゃないでしょうか。ソファを置きたい場合は、やはりベッドを部屋の奥におくと、ソファが壁の横に配置できると思います。ベッドの位置は改めて大事であると思いました。

Copyright (C)2017インテリアにも種類があります.All rights reserved.