検索フォーム
最近の記事
インテリアにも種類があります
インテリアにも種類があります

インテリアの役割について

インテリアとは建築学において内装空間の要素であり、対義語としてはエクステリアになります。エクステリアは外部空間の要素であり、建築における具体例としては、外壁、屋上、外構、外部建具などに分類されます。インテリアの要素としては内装と家具、照明、部屋の配置計画、色彩計画などにも波及します。内装の中にはさらに床材、壁材、天井材、巾木、廻り縁、内部建具などのパーツに分かれます。家具においては椅子、机、テーブル、造り付け家具、玄関収納などを選定する要素があり、照明においてはどのような照度で、効率の良い器具を選定するのかという具体的な配置計画を行います。

色彩計画においては部屋全体のトーンと、アクセントになる家具や調度品などで部屋を引き締めるように計画し、豊かなイメージを以って快適に生活するように計画することが大切です。インテリアの役割は、居住者が安全に、快適に、そして心豊かに生活するための大事な要素であり、インテリアを軽視することはどこか残念で勿体無い時間を過ごすことになってしまいます。日常の生活のちょっとしたところに遊び心を持たせる意味でインテリアを少し意識することで、心の持ち様が良い方向に変わってくる効果があります。このように、インテリアには建築的な納まりと、健康に対する配慮と、メンタルに良い効果を与える役割があるのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017インテリアにも種類があります.All rights reserved.