検索フォーム
最近の記事
インテリアにも種類があります
インテリアにも種類があります

インテリアで部屋を広く見せるために

部屋を借りるときに部屋の広さは限られてきますが、狭い部屋を借りたときに実際以上に広く見せる事が出来るインテリアがあります。実際にそこまで広くなくても広く見せるようにする事で開放感も広がるのと同時に、ストレスの軽減に繋がっていきます。まずポイントとして色を気をつける事がポイントで、明るい色を使うと広く見せる事が出来ます。さらに壁や天井等にこの明るい色を使うと更に広く見せる事が可能になります。反対に部屋を狭く見せてしまう色もあるため、これらを上手く組み合わせる事で部屋を広く見せられます。更にカーテンやソファー等の大きな家具についても色を壁や床等と統一する事で更に広く見せます。

更に抜けも意識してインテリアのレイアウトを行なう事が大事になります。この抜けというのは部屋を見たときに視線が奥まで見えるという事で、奥までしっかりと見えるようにする事で部屋を広く見せる事が出来ます。さらに家具の置き方についてもポイントがあります。まずは家具を部屋にバラバラに置いてあるととても乱雑に見えてしまうため、狭く見えてしまうという事があります。そのため一カ所に集中して配置するようにすると部屋全体が広く見えるということがあります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017インテリアにも種類があります.All rights reserved.